第8話 説得

私は会社を辞めさせてほしいと何度も何度も説得を重ねた。最初は500万借金をして2年だけ独立させてもらい、何一つ出来なかったら奴隷のごとく働くと約束したが却下された。次にせめて転職させてほしいとお願いしたらそれも駄目だった。余計な事は考える…

第7話 ファイナルファンタジーと子供と私のいく末と          With Final Fantasy and Children and the End of Me

確実に… そして間違いなく私は壊れていっている。この前酒を飲み、寝ようとした所何故か子供が大泣きし、心の余裕がない私は嫁に「おやすみ」すら言わない。おそらくそういうものを子供が感じ、泣いてしまったのだろう。それでも私は動かなかった。何も言う…

Episode 6 My heart's balance 第6話 心の折り合い

生きていればつらいことなど腐るほどある 自分に納得がいかず人にも納得いかずなにもかも折り合いがつかない私は… というか指摘された私はやはり折り合いは付けられないと思っていた。私の心のキャパシティーはとっくの昔に超えている。こればかりは折り合い…

第5話 感情 Emotion

頭の中は常に独立の2文字がグルグル回っている というか私の場合独立というか孤独の二文字である。嫁さんと子供ができてからというものさみしいって感覚は亡くなったが過去を振り返ってみればさみしいって時が一時期だけあった。その頃はまだ結婚していなか…

第4話 破壊の衝動

生きていくうえで確実ともいうべき事は -働く ということだがもう1年近く友人とあっていない。最後にあったのは去年の年明け… 忘年会だった。これを思い出すとなんだか悲しくなった。私の人生は一体どこからそうなったのかもうわからなくなっていた。確か…