Trickleの使い方 新??SNSアプリは静かで落ち着いた場所 

Trickle トリクル という新SNSアプリが登場!!ということでさっそく使ってみました。使った感じは落ち着いたSNSという感じでTwitterよりライトな感じです。しかし若干使い方が難しい印象があり最初で辞めてしまう人も多いかも… 実際やめるかどうか少し迷いましたがなかなか使ってみると面白いです。
グーグルプレイ.png
私はグーグルプレイから入手 パソコンではできないです。(少なくとも私はできませんでした)
画面.png
皆様の携帯はどう入るかわかりませんが私の携帯にはこう入りました。開いてみるとメールアドレスと名前を入れる項目があると思うので入れる (このへんは記憶が頼り) 名前は英語しか入力できないためペンネームでもフルネームでも可です。少なくとも日本語にはできません。
顔.png
ホーム画面はこんな感じですが四角い青枠の写真は自分が入れたもので私 kabukanesouのプロフィール写真みたいなものです。最初は何も入ってないので入れてみましょう。この操作自体は簡単なはずです (と思う) 問題なのは下の四角い赤枠から若干難しくなっていきます。私はこのへんから早くも???が多かった気がします。
Trick.png
左上のほうに6個のポツポツがありますがそこを開くとNewと書かれた + の青丸だけあるような画面になります。これはパソコンでいうとフォルダーみたいなもの。私は家族 仕事 っていう赤丸のフォルダーを作りました。最低1個作らないと書けません。あと上のベルマークみたいなメーターは気にしないでください。スクリーンショットの時どうしても出てしまうんです。
Screenshot_2018-11-23-12-34-43.png
New + と書かれた青いボタンを押すとこんな画面が出てきます。ここにタイトル (私は家族と入れました) を入れます。独り言や興味のあることでいいんではないでしょうか?? optionai description オプション説明です 例として私はブログというタイトルで写真を入れました。 ここまでやってようやく記事が作成できます!! ここからが面白くなってきます たぶん… ちなみに下の色は写真を入れる場合関係ありません。
Screenshot_2018-11-23-13-00-04.png
するといままでダッフィーとシェリーメイの横になかったブログという項目がでてきます。これで一応書ける準備は整いました。右下の青ペンをクリックして早速書いてみましょう!!いざ!!Trickleの世界へ!!人生は~ ♪ ぼうけ~んだ ♪ 道はな~いけど~ ♪ (シンドバット)
Trick 2.png
ちょっとここがわかりずらいのですが書く前に赤丸のフォルダーを選んでから書かなければいけません。ですので家族の事が書きたい場合 ブログの横の家族というフォルダーを選んでください。そしてActivity note という項目に自分の書きたいことを書きます。そして初めて投稿されるという形になります。
Screenshot_2018-11-23-13-23-06.png
そして右上の虫眼鏡のようなものを押してみて探してみると… おお あった。ずらずらっと並んだ投稿の中に自分のがあったよ (自分でもまだ使って間もないからちょっとうれしい) ちなみに 右上のActivityは活動とか動きって意味 真ん中のTopicは 題 テーマって意味です Useは 利用 使用を意味します。Activityはすべての投稿が出る Tpic はテーマ Useは利用してる人が出てきます。
使い方はこんな感じふだと思います。なによりまだ新しいSNS なんとも英語が多くてわかりずらいという印象はあるものの、機能としてはシンプルだなと… いいね!!ボタンもなければフォローボタンもない。闇雲なBotもない??かどうかはわかりませんがコメントとかいらない フェイスブックでは重い Twitterはめんどくさい なんて人にはいいかもしれませんし、逆を言えば繋がることもなく、つまらないという人もいると思います。おそらくですが私が独断で言わせてもらえればこのアプリ最大の魅力と唯一のつながりはリンクです。
リンク.png
この赤丸のリンクボタンをクリックするとそれが自分の書くことに繋がります。ちなみに私は2番目のcimbicidaeさんの記事にリンクしました。この記事を見る限りSNSそれなりにやってる印象ではあります。
難しい.png
赤丸が私のcimbicidaeさんの記事についてリンクし、コメント??したものです。というか何か書きたい場合一度自分の記事に張り付けてコメントする…ってなところでしょうか??これは直接コメントできないところがいいところであり、実際リンクした場合 1 と数が表示されます。もし何か書かれることが嫌なら見なければいい。これが最大の魅力であり、見たい人は見るし、もしくはデイープにリンクするのもいいでしょう。もしくはリンクの数をいいね!!ととらえてもいいでしょう。繋がってもつながらなくてもいい 自分のあった場所でやる。それがTrickleの強みであると思っています。