マスオさんの日々

マスオさんの日々

前回の「人生のバッターボックスに立ったなら…」ではなく人生のバッターボックスに立っていた??

 前回の記事に続きます

読んでもらった人は人生のバッターボックスに立っていた??からどうぞ

 

 

人生のバッターボックスに立ったなら…

先日お酒を優雅に飲みながら人様のブログを眺めていると気になる日記を見つけて読んでみた所酔っていたせいもあり心に「ボッ」と火がついてしまい長文のコメントを残してしまったことにいささか恥ずかしさが残るkabukanesouです。上記の日記では娘さんが「フィギアスケート選手」になるのが夢なんだそうですが… ここ最近のフィギア界の盛り上がりにかこつけてぼんやりと考えていました。

 

「将来私はフィギアスケートでオリンピックに出る!!」

 

と高らかに娘が宣言したらどうしよう… 金はかかる 時間はかかる なれるのなんて一握りっていうか継続できるのも一握りなんじゃない??などど妄想を膨らませていました。実際クラブチームに入る機会があったらしいのですが金銭的、体力的な面から

 

「入らない」というより「入れられない」という選択を家族で決断したそうです。

 

数年前の出来事らしいですが心のどこかにひっかかっているのかな??夢を潰したなんて思うのかな??そしたら居てもたってもいられなくなって熱いコメントをしてしまいました (笑) よく読みもしないで無責任なことを…本当にごめんなさい。しかし娘が人生のバッターボックスに立つと決めた時私はどんな決断ができるのだろうか??

 

そもそも私は人生のバッターボックスに立っているのだろうか??

 

私が人生のバッターボックスに立たずして娘になにができようか??どんな言葉をかけられるだろうか??そう考えてならず仕事も手に付かなかった次第です。まずは自分がバッターボックスに立ってしっかりと振ろう もし三振したってまたチャンスはかならず巡ってくるはずだ。負け犬だってかまわない… 全部三振したってかまわない… ただちゃんと振ってやろう。フルスイングで… そしたらまた何か見えるはずだから。違う何かが…。

 

 

f:id:kabukanesou:20190322152049p:plain

 

話が変わりまして… 見てください!!私にとってここ最近では非常にうれしいことがありました。 見てくださ!!なんとハルオサン からはてなスターをつけてもらいました!!一番右です!!これはうれしいです。見てくれていたんだなぁ… きっとたまたま何だろうけど。なんとなくなんだろうけどなんだかプレゼントみたいでうれしいなぁ!!ありがとうございます「ハルオさん」ブログ楽しみにしてますよ!!

 

人生のバッターボックスに立っていた??

私は勘違いを犯していたのかもしれません。人生の先輩方から「もうバッターボックスに立っている」というお言葉をいただき、もしかしたら私の状態は

今まさにバッターボックスに立っているにもかかわらずバットを思いっきり振っていない??

という考えに至りました。負け犬であっていいという思い。それはすごい人間になんぞなれない。毒ひっかぶってなんぞ生きられない…という思いからだったがいつしか「別にバット振らなくてもいいかな…三振だって別に…」という絶対にこれだけはしてはいけないという… あくまで私の中で絶対的だったはずのルールを自ら破っていた。

 

つまりは故意に見逃し三振

 

夢は逃げ道ではありません。決して… 決してそれだけはしてはいけなかったはずなのに。いつしか変わっていたのかもわかりません。子供が少しずつ成長してる中…サラリーマンとしての自分を否定していました。月々もらえるお給料が恥ずかしかった… 情けなかった。

 

そんなことないんじゃないか!?

 

人生のバッターボックスは決して独立だけではないって事… それでもなおやりたいと思う感覚は捨てられない…思い悩む日々は続きます。