マスオさんの日々

マスオさんの日々

イラレだと使い方も難しいから無料で使えるMakeGirls.moeでプリキュアアイコン作成してみた。

 

イラストレーターを目指した過去

私は過去イラストレーターを目指した事があったんですが、日々の忙しさに負けてしまい…。いつのまにか書かなくなってしまったんです。あの頃は手書きだったんですがイラレとか使ってたらまた結果は違っていたかもわかりません。今だって時間さえあれば書きたいものですが、いかんせん時間がありません。3才の娘がいるお父さんに自由な時間なんて皆無に等しいです。

 

毎日AM2時には起きて職場に向かう仕事だった為、休みの日は家族が寝ている時起きて書いていました。鉛筆と定規だけで書いていたのですが、今思い起こせば私が唯一特化しているのは絵ぐらいなものでした。といっても素人に毛が生えたようなもので、ちょっとうまい小学生ならだれでも書ける絵ばっかりだった気がします。もちろん仕事として成り立つ技量はありません。

 

というわけで機械に書いてもらいました。もちろん描くのは「スタートュインクルプリキュア」っぽいキャラです。

 

 

羽衣ララっぽい画像

 

f:id:kabukanesou:20190618144453p:plain

 

 

 f:id:kabukanesou:20190618144526p:plain

 

 

f:id:kabukanesou:20190618144621p:plain

 

この画像は羽衣ララ (キュアミルキー)っぽくない?? (笑) 若干無理はありますが特に1番左なんていい感じっす~!!次は香久矢まどかっぽい画像です!!

 

 香久矢まどかっぽい画像

 

f:id:kabukanesou:20190618145008p:plain

 

 

f:id:kabukanesou:20190618145026p:plain

 

 

f:id:kabukanesou:20190618165703p:plain

 

この画像は香久矢まどか 一番上はちょっと無理あるかな??一番下はちょっと大人な久香矢まどかです。ちなみにサイトは大学生が作ったそうですが全世界からアクセスが集中してサーバー落ちするほどのサイトで、この大学生集団は新しい会社を立ち上げこの技術で起業するそうです。実際そんなアクセスがあったならグーグルアドセンスだけでも相当儲かりそうなものですが、使っている感じやっていなさそうですね…もったいない

 

星奈ヒカルっぽい画像

 

f:id:kabukanesou:20190618171146p:plain

 

 

f:id:kabukanesou:20190618171223p:plain

 

 

f:id:kabukanesou:20190618171255p:plain

 

星奈ヒカルがちょっと大人になったら…なんていうのも書けます。頭の色はピンクじゃなくてもう少し赤っぽいほうがよかったかな??どっちかっていえば成瀬瑛美先生を萌化したような感じになってしまった。何回も何回も生成する必要がありますが、自分だけのオリジナル

 

これ私が書いたのではありません!!機械が書いてくれました。しかも無料で!!ちなみに万能ではありません。天宮えれなは書けませんでした。何故かというと萌というのは「前髪が上がっている」子が極端に少ないからだと思われます (笑) ものすごい技術ですね… 

 

簡単に言うと萌画像をくっつけてるだけみたいなんですが、なんにも書けない私ですらこんなオリジナルなアイコン作成できます。

ちなみに初代プリキュア 美墨(みすみ)なぎさが大人になったら… (笑)

 

f:id:kabukanesou:20190618175335p:plain

 

 

f:id:kabukanesou:20190618175417p:plain

 

f:id:kabukanesou:20190618175448p:plain

 

いい感じだなぁ~ (笑) 最後なんて好きですねぇ!!っぽいですよね (笑) そうでもないですか??美墨なぎさっぽい感じがしますが… 少なくとも万能ではありません。機械は機械です。実際納得した絵を描くのは自分で書くのか… もしくはお願いしたほうがいいと思います。自分が本気で納得する絵が書く時間がないのならば書いてもらうのが一番いいと思います。

 

この技術は2年ぐらい真面目に勉強すれば誰でもできるそうです。しかしこれを作るにあたり仲間の助けや多くの困難があったと思います。2年でだれでもできる事は多く存在します。しかしたった一人で成し遂げていたわけではないと…  それはまさに「プリキュア」も同じです。個性あふれる5人が力を合わせて数々の敵を撃破していく工程は仕事であれアニメであれ胸打つものであります。