マスオさんの日々

マスオさんの日々

スタプリ 第2話 そのへんは大人より子供のほうがわかってるよね… (ネタバレ注意)

 

第二話 宇宙からのお友達 キュアミルキー誕生

 

 

 

f:id:kabukanesou:20190330163520p:plain

 

性格の違う二人

子供が放つまっすぐで混じりっ気のない言葉は、大人であれ胸に突き刺さるものがあります。スタートゥインクルプリキュアの主人公・星奈ひかるは向こう見ずな性格で考えるよりも先に動いてしまう行動派です。間違いや失敗を犯すこともありますが向こう見ずというのはとても気持ちがいいものです。

 

対照的に羽衣ララはAIを駆使し、よく調べ効率を考えながら行動する慎重派です。私もどっちかっていえば慎重派でウジウジ考えてしまいます。

「準備は着々と、チャンスは逃さない」  そんな人間でありたいものですがこれがなかなかねぇ…。大胆に行動できればいいんですがなかなか難しいものです。前回はロケットが落ちて終わりました。

 

第二話の見どころは「おにぎり」です!!って意味がわかりませんね (笑)

 

色々端折りますが、羽衣ララはAIに問います。「私がプリキュアになれる確率は??」

0.000000012%、それはどう考えてもなれる数字ではありませんでした。羽衣ララはショックを受けてしまい考え込んでしまいます。何故わたしではなく星奈ひかるなのだろう??フワと一緒にいる時間も私のほうが圧倒的に長いのに…。あんな子供が何故プリキュアに??そんなとき星奈ひかるがおにぎりをもって現われます。

 

このタイミングがまたいい!!

 

羽衣ララははじめてのおにぎりを怖がって食べません。私はコスモグミがあるからいいと…そんな羽衣ララをよそに何の抵抗もなくグミを食べてしまう星奈ひかる。

「決めつけはなしだよ」と星奈ひかるに押されておにぎりを口にする羽衣ララ…中身は梅干しだったらしくすっぱい!!(の顔がかわいかった)でもそのすっぱさの先にあったものは…

 

「おいしい…」

 

羽衣ララの悩み

 

後日丘の上で考え込む羽衣ララ…プリキュアになりたい… 世界を救いたい… そんなとき星奈ひかるがジュースをもって現われます。「プリキュアになりたの??」

 

このタイミングがまたいい!!

 

余談ですが声優・成瀬瑛美(通称えいたそ)の声ってかわいいなぁ。もう髪型とか性格など星奈ひかることキュアスターになるために生まれてきたアイドルではございませんか!!私はすぐファンになってしまいTwitter・Instagramをフォローしました。あの綺麗な赤い髪にツインテールがまたかわいくって、正直いい匂いすんだろうなぁ…とか思ってしまう (馬鹿)

 

星奈ひかる「なれるよ なりたいんならさ なればいいんだよ プリキュアに」

 

羽衣ララ 「簡単に言うルン データの示した確率では絶望的ルン 過去の出来事から出す統計ルン データは絶対ルン」

 

星奈ひかる 「そうかなぁ 過去と比べられてもこれから何が起こるかわからないし 私は私だし ララちゃんはララちゃんだよ

 


確実ではない事をするってことは誰だって怖いし、独立とかにしたって過去の失敗のデータと成功の確率なんてどう考えたって失敗のほうが多いに決まっている。だからってやらなくていいという理由になるのかな?? あふれだす気持ちを形に… いつだってお金は必要ではあるけれど、重要ではないよ。って言ってもきっと… 無駄かもしれないけれど…

 

キュアスターの叫び

 

そんなこんなでカッパード登場!!

 

星奈ひかるはキュアスターになってノットレイを応戦、その隙にカッパードが羽衣ララとフワを襲います!!追い詰められる羽衣ララにキュアスターは叫びます。

 

ララちゃん!!プリキュアになって!!

 

絶望的なデータに躊躇してしまう羽衣ララにさらに星奈ひかるは叫びます!!

 

 

f:id:kabukanesou:20190330163141p:plain

 



「なれるよ!!データなんて関係ない!!思い描くの!!なりたい自分を!! できないなんて決めつけはなしだよ!!」

 

羽衣ララは「守りたい!!」と強く願うとフワが反応しみごとプリキュアに…って申し訳ありません。私2話目にして涙があふれてしまいました (笑) 昔漫画「カペタ」を友人から絶賛され、どうせ大したことないだろうと読み始めたら1巻で涙をぬぐう結果になったのを思い出しました。


またプリキュアに人生を教えてもらいました。 大人が本気になって作った作品は私にとって現実より現実らしい。言うのは簡単ですが、心に突き刺せるかどうかもわからない事を作品に乗せ伝えるって素晴らしいこと。私には、少女向け漫画「プリキュア」であれ大人向け漫画「無限の住人」であれ何ら変わりなく心に突き刺さります。