マスオさんの日々

マスオさんの日々

3才の娘とスタートゥインクルプリキュアを見始めてもう折り返し… なにを思ったのか私は二人はプリキュア 第一話からすべて見ようと思ってしまった

 何故かプリキュアを第一話から見たくなってしまったわけ…


【HUGっと!プリキュア】オープニング主題歌 「We can!!HUGっと!プリキュア」

 

なにを考えてのか私は娘とプリキュアを見始まって早1年もたっていない (笑) はじまりはHGUっとプリキュアの最後2話からだった。あのテンション高鳴る「なんでもできる!!なんでもなれる!!」と高らかに宣言するあの「WeCan」が私の心にぐさっと… なんて生ぬるく、もろに貫かれた感覚だった。引坂理絵さん ※野々はな声優 の元気とかわいさから奏でるその応援ソングは記憶に新しい。

 

本当にあの頃の未来は暗かった…。仕事なんて1つもうまくいかず、というかできなかった私は娘との時間を割いて仕事に明け暮れていた。あの時は2才だった娘も今や3才になり毎日ペラペラとしゃべるようになり、私が嫌いと言っている。(笑) どういうわけだか嫁さんがHGUっとプリキュアの最後のあたりを娘に見させるようになった。初めて見た時のチャラリートの衝撃は未だ忘れられない。

 

最近は幼稚園に行きだしたり、言えばそれなりに言うことを聞いてくれはするが、当時の私はとにかく寝たかったし、疲れていた。お父さんと仕事のバランスが取れず、できもしない仕事を無理やりやっていたせいか心はいつしかしぼんでいたし、未来なんて何一つ見えやしなかった。そんなときに流れてきた「WeCan」は私の心をほんの少しだけ開いてくれた。結局DVDで「HGUっとプリキュア」を見ている。

 

では一体どうやって見るのか??

 

OPもさることながらEDもまた本泉 莉奈 ※薬師寺さあや声優 のすべてを包み込んでくれるような声に幾多のお父さんが魅了されたであろうことか… 私は良くも悪くもわからないが「プリキュアを1話から見よう」と決めてしまった。しかも「HGUっとプリキュア」の1話からではなく、「二人はプリキュア」を1話から見ようと…。しかしプリキュアも15周年であり単純計算平均45話×15年=675話である。いかんせん100円のDVDで3話収録といえど22500円は出したくはない…。というかいちいちTSUTAYAやGEOにいっていられない。思い悩む日々が続く。

 


【HUGっと!プリキュア】後期エンディング主題歌 「HUGっと!YELL FOR YOU」

 

一番最初は「ネットフリックス」や「アマゾンプライム」だったが何故かプリキュアがない!?ほぼ月額とは別に有料になっておりどうしても見つからなかった。ツタヤディスカスやTSUTAYAプレミアムも試したが、いかんせん料金が高い!!お父さんのお小遣いから月1000円など出してはいられない。これも駄目、あれも駄目と探しに探した結果、そういう宝物はいつだって足元にあるという言葉を象徴するようにすぐ近くにあった。「dアニメ」月額400円で1話から最新とまではいかないが魔法使いプリキュアぐらいまで見られるようだった。

 

わたしのプリキュアは15年の時を経て、ここに甦ってのである。実際見るのは簡単なんですがお金がなかった。月額1000円もDVD100円も出せなかった。探す人が探せば「dアニメ」にたどり着くのは数分かもしれないが、私は膨大な時間がかかってしまったがうれしかった。女の子子育て世代なら一回は聞いたであろう

「プリキュア~プリキュア~プリキュア~♪」

が流れた時は最初から最後まで聞いたのはそれがはじめてだった。何度も聞いているとなんだか好きになっていった。

 

スタートゥインクルプリキュアについて

 

今「スタートゥインクルプリキュア」は娘にとって「見ても見なくてもいいかな??」あたりの熱であるが私の熱は冷めず、ついに娘なしでも見るようになる。絵の感じHGUっとプリキュアに比べると子供っぽいところがまた何ともよく、星奈ひかるや天宮えれな、羽衣ララや香弓矢まどかといったキャラの個性があふれる作品は毎週見ていて楽しい。なんといっても2話がいまだに好きでぜひみてほしいです。

 

 

www.kanezyu.xyz

 

確かに「HGUっとプリキュア」は歴代と比べても引けを取らない素晴らしい作品だと思う。しかし決して「スタートゥインクルプリキュア」も引けは取っていない。とまだすべて見終わったわけではない私が言うのもなんですが…正直私は好きです。35歳のおっさんが言うのもなんですが、成瀬瑛美さん ※星奈ひかる声優 の言葉と声にどれだけ勇気をもらった事か。

 

 

www.kanezyu.xyz

 あと18話もよかった、ちょっと泣いてしまったぐらいである。

 

全部書き切れずに飛ばし飛ばしになってしまったがちゃんと見ています。東邦アニメ様には毎週毎週お世話になっております。きっと心が乱れているからぐっときてしまうのではなかろうか??最近娘はキュアコスモが大好きで5000円ぐらいする「レインボーパフューム」を買って買ってとしつこいがそんなもの「ポン」っと買えるわけもなく毎回スルーする日々です。

 

「プリキュア」と「娘」

 

実際第1話からずっと見ていると、「スタートゥインクルプリキュア」は娘との思い出なんだ、と気付く。「スタートゥインクルプリキュア」がはじめるとさっそくDVDゲットキャンペーンに翻弄され、「スターカラーペンダントDX」をカードで買ってしまって返済に苦労したり、「セレーネアロー」や「ソレイユシュート」を毎日のようにぶっ放され何回やられたふりしたか。そんなこんなでどんどん好きになっていったような気がする。

 

新しいおもちゃが出るたんび買ってやれず「金があったらな…」なんて思いながらスターカラーペンだけがどんどん増えていき、これ全部合わせたら買ってやれたんでは??などとなんだか思い返してみると面白い。これは「プリキュア」という35歳のおっさんが見るアニメではないがきっと娘と「共有」してたんだな。まだまだ同時進行で続く「最新」と「最古」 第1話から見る「プリキュア」はたった一人のわたしの思い出になると思う。

 

まだまだ先は長いけれど、「プリキュア」と「娘」と歩く人生を大いに楽しみたいなぁっと思います。今は量販店で買った小さな「レインボーパフューム」をぶっ放されながらキュアコスモにどっぷりはまっているようですがまた新しいおもちゃに翻弄されるのだろう。まだまだ先は長いし、毎日1話見ても2年かかるプリキュアを見ようと決めた私もどうかしているが「美墨なぎさ」と「雪城ほのか」が恋に戦いに大奮闘!!の「二人はプリキュア」見たいと思う人いる??

 

「だって~ やってらんないじゃん♪ ファイターより乙女ちっくに~♪」

 

 


Pretty Cure - NC ED Ver.1