マスオさんの日々

マスオさんの日々

スタプリ 第28話 燃えたねぇ!!私のハートも火が付いたよ!!※ネタバレ注意

 

引用元:スタートゥインクルプリキュア第28話

この記事はスター☆トゥインクルプリキュア28話のネタバレを含んだものです。

 

 

第28話は熱い熱いプラズマ星出身のフレアさんが登場!

水の惑星プルルン星であるにもかかわらず何故プラズマ星の住人がいるのか??フレアさんはあの炎でどんなものでも溶かしてしまう職人で「イカりん タコりん」の相方とともにロケットを直します。余談ですがフワが太鼓たたいてるのがとてもかわいいです。あとヤンヤンのしゃべり方がかわいいですね。

 

f:id:kabukanesou:20190825082632p:plain

 

 

宇宙船を直すのには親方に気持ちをみせねばなりません。親方いわく「自分のロケットは自分たちで直せ!!」との事です。というわけで役割分担です

  • 星奈ひかる
  • 羽衣ララ
  • ユニ  

サンゴステーキを親方・フレアさんの口に入れる役というかまぁ簡単に言えば肉を焼いて親方の口にいれる作業ですねぇ… 親方がいうに食事ではなく「燃料」 だそうです。

 

 

三人いるかなぁ??

 

一方親方・フレアさんに空気をふいごのようなもので送る作業は

  • 天宮えれな
  • 香弓矢まどか

 

 「イカ!」「タコ!」の掛け声で空気を送り込みますが女の子故体力がもちません。ここにもう2人入れたほうがいいですが親方なりの考え方があるのでしょう。職人は厳しく見守るものです。そしてプルルン星名物のスコールが降り始めて作業は一時中断です。二人はへたり込んでしまい、親方いわく「情けない」ともらします。

 

親方の決意と心の炎

f:id:kabukanesou:20190825113810p:plain

 

 

フレア 「この星に来てだいぶたつがこれだけは慣れんのぉ」

天宮えれな 「どうしてプラズマ星から水の惑星に来たんですか??」

 

フレア 「どうしてかのぉ…わからんじゃけぇ…」

一同  「えっ!?」

 

ここで回想が入りプラズマ星の若かりし頃の親方が映ります。若かりし親方・フレアは焼肉を食べているとテレビに映っている水の惑星「プルルン星」に一瞬で心奪われます。そして思ってしまいました「見てみたい…」そして旅立とうと決意を固めます。

 

レア 「家族や友達はみな止めた。プラズマ星人が水の星になど行けるわけがない。消えてしまうぞ、とな。じゃが、わしには納得できんかった。プラズマ成人が水の星に行けないなどと誰が決めたんじゃ。そんなことは行ってみなきゃわからん。わしはひとり旅立った。そしてこれこのとおり、わしはここで生きておる。あのとき諦めとったら、ハートの炎が消えて、一生くすぶっとったじゃろうな」

 

いつだって心の炎は消したくない、いや燃やし続けるものなんだ。簡単でシンプルな答えだ…「てめぇは俺を怒らせた」というJOJOの名言ではなく、「見てみたい」というだけの為に…。たったそれだけの為に命を懸けてしまうのは、決して賢いわけではありませんがそんな真っ直ぐな親方に天宮えれな、香弓矢まどかは心打たれます。

 

自分が決めた限界の突破へ

 

f:id:kabukanesou:20190825115504p:plain

 

天宮えれな 「情けないといわれてもしょうがないね」

 

二人とも決して根性がなかったり体力がなかったわけではありません。気持ちが少しだけ足りなかったのかもしれません。そんなこんなでカッパード登場!!プルルン星ではカッパードは水を得た魚のような戦いっぷり。テンションはMAXに攻撃を加えカッパードの水撃はヤンヤンを襲います!!そこにプルンスが体を張って守ります、うむむなかなか男気あるじゃないか。

 

二人は限界なんてないと親方・フレアの言葉を心から信じ、カッパードさん撃退!!再び宇宙船修理の作業に入ります。今度こそもう一度二人で力を合わせ、親方・フレアの火力を最大にして見せると強い気持ちをもって志願します。「イカ!タコ!」の掛け合いはさらにパワーとスピードを増し親方・フレアの火力は今までにない火力に到達!!みごとロケット修理は完了します。

 

 

プルンスはヤンヤンを守ったお礼にほっぺにチュウのご褒美をもらいました。よかったね!!プルンス!!二人は限界なんてないと親方・フレアに教えられました。ユニを加えた五人は年齢を超え、限界を超えさらに結束を固めて進んでいくだろう。それは数々の子供たちの勇気になっていつまでも生き続けるのではないかと思っています。そう、それはプリキュア制作にあたり物語にのせ放つメッセージではないかと…。

来週からは羽衣ララの故郷、サマーン星のお話です。とても楽しみです。

 

まとめ
  • 前髪を下した天宮えれながすごくかわいい

これに尽きるのではないでしょうか。前髪あげた天宮えれなが決して悪いと言っているわけではありませんが、娘よ…お父さんまとめのすべてを「天宮えれなの前髪おろしたときがすごくかわいい」で終わらそうとしています。お父さんは中学3年生の前髪おろした時の感想を述べているんですが、できれば気持ち悪いとか思わないでほしいので、ブログだけにしましょう。

 

冗談はともかく今回は親方の過去でしょう。みんなが危ないと止める事は自分で確かめなければ納得できなかった、何でも一緒です。人生も過去も自分が納得できなければ、生きている価値は半減してしまいます。自分のコンパスに正直に生きることが人生であり、納得して歩いていきたいですね。

 

 

www.kanezyu.xyz