マスオさんの日々

マスオさんの日々

スタプリ 第22話 離れているからこそ育つ愛もあるんだねぇ ※ネタバレ注意

 

 

提供元 東映アニメーション スタートュインクルプリキュア

 

※ネタバレを含みますのでご覧になってない方は注意してください

 

f:id:kabukanesou:20190904112508p:plain

 



 ついに秘密のベールが解禁し、星奈ヒカルのお父さんの登場です。星奈ひかるのお父さんだけあって早くもプルンスにも驚かず、目をキラキラさせながら「キラヤバ~☆」を連発!!お父さんが言ってたんだ!?

 

星奈ひかるのお父さん、星奈陽一登場

 

f:id:kabukanesou:20190904112711p:plain

 

今日はロケットのお掃除、うんうんこれはみんなのロケットなんだもんね。すると星奈ひかるは7月7日の七夕という事で竹をもって現われます。なんでもイベントというのは楽しんじゃったほうがいいですね、個人的にはそう思います。しかしキュアコスモことユニだけは遠くのほうから見ているだけでした。

 

すると羽衣ララのAIは「今日はララ様の誕生日」と告げられます。星奈ひかるは目を輝かせパーティーをしようと提案したその時、何者かがフワをもそっと掴みます。この時のフワの慌てようたるやかわいかったですね。そして目を輝かせ「キラヤバ~☆」やっぱ親子だなぁ、顔は全然似てなくてお母さん似ですね。

 

そのほかにもプルンスや羽衣ララの触覚にベタベタベタベタ…もうグイグイくるお父さんにみんな引いてるやないか。香弓矢まどかは星名陽一作「UMA伝承と人間心理の相関」を読んでいたそうで、星奈陽一をまるで芸能人のごとく会えた事を喜びます。香弓矢まどかも実はUMA好きだったんですね。

 

HGUっとプリキュア最終回で河童が登場し、「キラヤバ~☆」っと追いかける&去ってしまうというように観星町に河童がいることは明らかになっています。昔からお父さんと星奈ひかるの中にはUMAの存在を認識し、時に冒険に出かけたりお父さんとは仲良く過ごしていたのだろうと思います。

 

羽衣ララのズバッと言われた星奈春吉

 

f:id:kabukanesou:20190904112648p:plain

 

 

7月7日はララの誕生日!!お父さんも帰ってきたことですし、一緒にパーティーをしようということになりましたがララはあまり関心がありません。サマーン星には誕生日という概念がないようです。どちらかといえば文化の違いに近いように感じます。しかしそこで星奈ひかるのおじいちゃんである星奈春吉さんはパーティーの準備に参加しませんでした。

 

見かねていた羽衣ララに星奈春吉さんは両親は心配していないのか??と問いかけます。

 

羽衣ララ「私のほ…国では私の年はもう大人ルン」

星奈春吉「親というのはいつまでたっても子供が心配なものだ」

羽衣ララ「でも心配してないルン!仲悪いルン!!」

星奈春吉「はっきり言うのう…」

 

 

ララ…心配してないわけでも悪いわけでもないんだよ…仲がいいから心配するんだよ。と言ってあげたほうがいいぐらいはっきり言われましたね、星奈春吉さんは町に出てしまいます。座りながら自分の育て方が間違いだったのかと思いをはせる星名春吉に遼爺が話しかけます。

 

遼爺「春ちゃん…」

春吉「遼ちゃん…」

 

 

ちゃん付け!?おそらく旧友なのでしょう。肩を落として歩く星奈春吉さんにテンジョウは狙いを定めます。

 

星奈陽一の夢と家族との狭間

 

f:id:kabukanesou:20190904112616p:plain

 

 

星奈陽一ことお父さんですが前職は大学教授、お母さんは駆け出しの漫画家でした。お母さんは机の上に置いてある世界地図を見て、星奈陽一の夢を察しますが星奈ひかるの事もあり、目を伏せてしまいます。お父さんとひかるは一緒に河童や天狗などを探す冒険に出たり、一緒に本を読んだりとても仲良しです。

 
お母さんは漫画の仕事が忙しくてなかなか星奈ひかると遊んであげることができていないようですが、星奈ひかるは好きなことに頑張っているお母さんが大好きでした。星奈ひかるだって甘えたい年ごろですが本を読んだりしておとなしくしています。そんな夜更け、漫画の選考通知が届き二人は抱き合って喜び合いました。

 

星奈陽一  「キラヤバ~☆おめでとう」

 

星奈ひかるは起きて話を聞いていたのでしょう

 

星奈ひかる 「お父さんの夢は何!?

 

お母さんの夢が叶ったのだから次はお父さんの番だ!!と背中を押します。好きなことを頑張っている姿が好き!!その言葉に星奈陽一は決意を固めます。海外に出てUMAを研究すると…お爺ちゃんである星奈春吉は猛反対、見送りにさえ出てきませんでした。歪んだイマジネーションはこの過去の出来事から大きくなってしまいます。

 

帰り道で待ち伏せしてるテンジョウにノットレイ化されてしまいます。

 

「息子の育て方を間違ってしまった。輝美さんやひかるにツライ思いをさせて…私のせいでこうなってしまった」

 

星奈春吉は自我を失い大暴れします。慌てて駆け付けた星奈ひかる達はプリキュアになって応戦、星奈ひかるとは知らず襲い続け、目から光線が飛び出します。耐えるキュアスター。

 

キュアスター 「そんなこと、ないよ。私、大好きな物を追いかけるお父さんとお母さんが大好きなんだ!!離れてたって家族は家族だよ!!

 

レインボーパフュームでドーン!!気絶している星奈春吉に通りかかった星奈陽一が手を差し伸べます。一度は断ったものの足をくじいている為肩を借りなくてはならず、仲たがいだったお父さんと息子は歩いて家路につきます。星奈春吉は少しだけ笑みを浮かべ、それを木陰から見ていた星奈ひかる一行はなんだか嬉しくなった。

 

パーティーは開催され、みんなで羽衣ララの誕生日を祝います…もちろん星奈春吉さんも出席で。羽衣ララの初めての誕生日会で本人は大人と言ってますが子供のように喜ぶ姿に娘よ… お父さん心の中でおめでとうしてるよ。もう一緒にパーティーしてる気になっちゃってるよ…

 

誕生日会もさることながら3人の会話も弾み、楽しそうに話すのを星奈春吉は見ていて育て方は間違っていなかったと安心します。1年に1度7月7日にしか会えなくたって家族は家族なんだと…星奈ひかるだってきっとさみしいに違いありません。だってまた会えるのは来年なのですから…

 

星奈陽一 「ああ… どこにいても空はこの町につながってるからな」

 

星奈ひかるはそれを聞いてさみしさをこらえます。それでもお父さんが大好きな星奈ひかるにもお別れの時間が来てしまいます。星奈陽一さんだってさみしいはずですが、元気いっぱいに手を振ります。今度は見送りに来てくれた星奈春吉と大好きな家族に…。あ~娘よ…お父さんまた泣いちゃったよ…。見逃し配信で本当によかった、見逃した方は無料で見られますのでどうぞ。

 

 

合わせて読みたい

 

www.kanezyu.xyz

 

 

www.kanezyu.xyz